リピトールとアトルバスタチンの違いを教えて!

リピトールとアトルバスタチンの違いが知りたい!という方が多いようです。
簡単に両者の違いを説明すると、リピトールは製品名、アトルバスタチンは成分名です。
つまり、リピトールの成分はアトルバスタチンと言えます。

では、なぜ両者に違いがあると思っている人が多いのでしょうか?
それはおそらく医薬品の個人輸入代行サイトでリピトールのジェネリックを
購入しようとすると商品名にアトルバスタチンと出てくるからだと思います。

本来はジェネリック薬にも製品名があります。
例えばリピトールのジェネリックを例に挙げると「アトルリップ」などがあります。
ただ個人輸入代行サイトの中にはジェネリック薬の製品名を記載していないサイトもあります。
製品名を記載しない代わりに商品名に成分名を記載しているわけですね。

つまり、アトルバスタチンと表記することでリピトールジェネリックですよ~と
表示しているわけです。
個人輸入代行サイトで扱われているジェネリック薬は海外の製薬会社のものが多いので
製品名で記載しても知っている人が少ないので代わりに製品名を使っていると思われます。

結論から言えばリピトール5mgもアトルバスタチン5mgも違いはありません。
つまりリピトール=アトルバスタチン錠ということですね。
意外と両者の違いがわからないという方が多いので参考にしてもらえればと思います。

参考⇒リピトールは通販で買える?副作用もあるので気を付けて!